スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大豆の放射性物質 測定結果について

2011/11/22 Tue

宮城県が実施した、登米市産大豆の放射性物質調査結果が
11月21日 に公表され、
平成23年産大豆の安全性が確認されました。

つきましては、
大豆の 出荷・販売・譲渡・贈答などができるようになりました。

調査結果の詳細については、
宮城県のホームページ に掲載しております。


スポンサーサイト

登米市 被害状況

2011/10/04 Tue

登米市災害対策本部 発表
2011年 10月3日(月) 午前10時現在の
東日本大震災による被害状況などについてお伝えします。


■ 人的被害

   死者 : 市内在住で 登米市外で死亡確認された方 22名
   行方不明者 : 4名
   負傷者 : 51名


■ 住宅被害

   全壊 : 190棟
   大規模半壊 : 335棟
   半壊 : 988棟
   一部破損 : 3,101棟
   合計 : 4,614棟


■ 交通関係 … 市内の道路の通行規制の状況

   県道 : 片側通行 3ヵ所
   市道 : 通行止め 17ヵ所

   ※ 詳しい道路の通行規制箇所については、
     登米市のホームページをご覧ください。


■ 避難所 開設状況

   ライフラインの復旧や、仮設住宅の整備などに伴い、
   市内に開設していた 避難所 はすべて閉鎖しました。


■ 応急仮設住宅 開設状況

   南方町 : イオン南方店跡地 351戸
   津山町 : 横山住宅 81戸
         横山幼稚園跡地 24戸
         若者総合体育館 30戸
   合計 : 486戸

登米市の道路状況

2011/09/17 Sat

登米市米山町、米山東小学校 から 平筒沼 へ抜ける道

IMG_8351 のコピー

道路の中央に 亀裂が生じている

IMG_8355 のコピー

歩道にも

IMG_8352 のコピー

段差が 生じている箇所も

IMG_8349 のコピー

通行の際は 十分にお気をつけください。

南三陸エムズ食堂

2011/08/02 Tue

8/2(火)の南三陸町情報では、
南三陸エムズ食堂について、後藤りょうきさんにお電話でお話を伺いました。

横浜市の縫製会社「エムズ」さんが、
ベイサイドアリーナ近くにある同社の工場敷地内に開設した、このエムズ食堂。
現在営業できている飲食店がほとんどない状態で、
「食堂を通じて、被災者にだんらんと雇用の場を提供したい」
ということで開設されたそうです。

食堂にはテナントとして、
地元の居酒屋さん 路地裏Dining「和」(なごみ)
仙台や名取で人気のラーメンやさん 麺屋 政宗
の2軒が入っています。

7/30のオープン時には、先着500食限定でラーメンやカレーライスを無料提供。
たくさんの方が訪れたそうで、
「この場所に食堂ができよかった」という声も聞かれたそうです。
また、ホール担当として町民ら8人を雇用しました。


営業時間は11:30~22:00で、年中無休。
ベイサイドアリーナ手前の、ローソン南三陸エムズ店の隣になります。

後藤さんからは、
「2店舗ともとても人気のあるお店なので、
ご家族お誘いあわせの上是非お越し下さい」
とメッセージをいただきました。
後藤さんありがとうございました!


担当:佐藤

マルエー

2011/08/01 Mon

8/1(月)の南三陸町情報では、
歌津 伊里前の衣料品店、マルエーさんの、千葉のりゆきさんに電話出演していただきました。

ほぼ全滅の被害を受けた、伊里前商店街。
最初は伊里前小学校に避難したそうですが、そこも危ないということで更に高台の歌津中学校へ避難し、津波からなんとか逃れたそうです。

在庫含め全て流失してしまったそうですが、
吉野沢にご親戚の家があり、そこのガレージを利用して7/21から営業を再開しています!

マルエーさんではここ3年ほど、南三陸町をイメージしたオリジナルデザインのウィンドブレーカーを作っているそうで、
それが今回、他自治体からの応援の方やボランティアの方に評判となったそうです。
今は、「がんばっぺ!南三陸」と入ったTシャツも5色展開で販売中とのこと。

そのほか、衣類・寝具・ギフト類・小学校の体操着などを取り扱っていて、
近くの仮設住宅からや、離れたところからもお客様に来ていただいているそうです。
やはりこれまで店が全くなかったので、自分で買い物をするという楽しみを求めていた方も多かったようです。
千葉さんは「やっぱり地域には店があるべきだと思った」とおっしゃっていました。

最後に、

「ふるさとを離れている方が、登米市などの皆さんには親切にしていただいているという話も伺っているが、
やっぱり南三陸町が懐かしくなると思う。
これから我々も早くがんばって町を復興させて、
皆さんに喜んで戻ってきてもらえるようにしたい。
健康に気をつけて、皆でまた暮らせる日を待ちましょう」

とメッセージをいただきました。

千葉さん、ありがとうございました!


担当:佐藤

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。